どうしても欲しかった服があったのでカードで不足分を借りて買い物

ひさしぶりの休みの日に総合デパートのモールに行きました。
寒かったので、ひさしぶりに暖かい服を買いたいと思っていたのですが、
手元の財布の中には3万円だけだったので、大丈夫かなと思いつつ目的地に着きました。
モール内ではいろいろと見て周り、お目当ての服や靴をチェックしていたのですが、
いろいろと欲しい物が目移りして値段の合計をチェックしてみると予算オーバーしてしまい、
手持ちのお金だけでは足りなくなくなってしまいました。
コートが1万7800円で靴が1万3千円、パンツにベルトと合わせていくと5万円ほどになり、
どうしようかと悩みましたが、どうしても全部欲しかったのでカードで借りることに決めました。
私は無理なお金の借り方はなるべくしたくなかったので、手持ちのお金の3万円の内、
1万円だけ手元に残し2万円だけ買い物に使って、残りの3万円をローンによる返済に決めました。
カードローン比較サイトでしばらく検討したうえで、即日融資を受けました。
端末で1回の一括払いにしようかと思いましたが、
3回払いの月々1万円少しの返済でお金を借りました。
これでようやく目的の品物が買えるので、買おうと決めていた品物の店を全て周り、
欲しかった服などが全て買えました。
こんな風に足りない補足分をカードでお金を借りることができるので、
どうしても欲しい物があった時などは、カードがあれば安心して買い物ができます。
以上で、買い物で不足分のお金を借りた話は終わります。

プラセンタ注射

私が以前通っていた婦人科は、漢方を主体とした治療を行っているクリニックでした。一般的な治療以外にも、女性がさまざまな悩みをかかえてくるせいか毛髪検査や、肥満解消(痩せる漢方薬)、などなど紹介されていました。そこの先生は85歳くらいのおじいちゃん先生でしたがすごく元気でお肌はつやつやして、さすが漢方の先生といつも感心していました。私は婦人科系の病気で通院していたのですが、年齢とともに体に様々な不調がでてくるのでその都度相談していました。あるときも肌あれや体調不良などを訴えると「プラセンタ注射」を薦められました。錠剤なんかではダメとのことでした。美容にはさほど興味がなかったのですが、化商品と違い体の中からなんとかなるというのに興味をひかれやってみることにしました。一週間に1本ほど打つといいらしいのですが金額が高くてそうそうはできそうにありません。
先生曰く、「私も週に1本打ってます。」とのこと。先生の元気の秘密を知らされた感じでした。遠方から注射だけの目的で月に1回通院されている方もいるとのこと。その場合は一回でまとめて注射するそうです。(それでもいいらしいとのこと)注射は肩にされました。それほど痛いものでもありませんでした。その後何度かは注射をうちに行きましたがやはり金額が高いので続きませんでした。効果のほどは長い目でみないとわからないのかもしれません。プラセンタ 比較のザ・プラセンタでプラセンタ製品もお勧めです。