プラセンタとは

最近は美容ドリンクや化粧水も色々な物質が配合されて大きく、商品に表示されていますね。その1つがプラセンタです。
プラセンタとは直接には、胎盤を意味します。胎盤は赤ちゃんがおなかにいるときに、お母さんの栄養を吸収する盤のようなものです。
元々赤ちゃんを大きくするために、存在しているので、人間の細胞分裂に必要な要素がいろいろと備わっており、医療面でも研究が進み、役に立っています。
私たちが身近に接するプラセンタは、その胎盤からエキスを抽出して、化粧水や、サプリメント、ドリンクなどに入れたものです。
人の細胞を成長させるエキスの凝縮ということで、まずアンチエイジングに、1番効果があります。
アンチエイジングにも、しわ、シミなど、色々ありますが、そのすべてを網羅出来ます。お肌を文字通り生まれ変わらせるのですね。
プラセンタエキスの場合、胎盤をダイレクトに使うわけでは無いため、逆に言えば、必要な要素を多めに取り入れることも可能です。
例えば、美白に特化した成分多めの化粧水や、ドリンクが出来ます。
また、細胞の活性化と言う意味で、疲労回復や、ホルモンバランスの安定効果、ひいては更年期障害にも効果があります。
上記したように、プラセンタエキスは、効果的な要素を多めに配合することが出来るので、プラセンタ配合でも、シミ取りをしたい人は、美肌化粧水、更年期の症状を緩和したい人は、更年期緩和を謳ったドリンクやサプリが良いでしょう。
自分の悩みに合った、プラセンタ配合の商品を選ぶと、効果が上がります。

プラセンタが不老の薬といわれるわけ

「プラセンタ」
最近、よく耳にする単語です。
いったいなんのことでしょう・
プラセンタという語句は、英語で胎盤のことを言います。
胎盤ということでちょっとグロテスクなイメージがわいてしまいますが、美容分野で使用されているプラセンタは胎盤から抽出された有効成分のことをプラセンタまたはプラセンタエキスという名称で呼んでいるのです。
プラセンタにはタンパク質や酵素・ビタミン・アミネラル・糖類・核酸・各種成長因子など数百種の成分が含まれています。
プラセンタの医療的な効果としてはハゲ、骨粗しょう症、動脈硬化や更年期障害などで認められ、医薬品としても活用されています。
プラセンタの美容効果としては美白作用、保湿作用、組織代謝の促進作用 (皮膚組織細胞の代謝を改善し、新陳代謝を促進する、結合組織の新生作用(コラーゲンの生成など、結合組織の新生作用を活発にする)、細胞の増殖再生作用 (直接栄養となるだけでなく、司令官の役割もして、細胞の増殖・再生を高める、血行促進作用(皮膚の血行を促し、栄養の補給や老廃物の排除を円滑にする)、活性酸素除去作用 (抗酸化作用)、抗炎症作用、抗アレルギー作用、免疫賦活作用 などがあげられます。
美しかったことで知られているクレオパトラも美貌をキープするためにプラセンタを活用していたといわれています。