プラセンタが不老の薬といわれるわけ

「プラセンタ」
最近、よく耳にする単語です。
いったいなんのことでしょう・
プラセンタという語句は、英語で胎盤のことを言います。
胎盤ということでちょっとグロテスクなイメージがわいてしまいますが、美容分野で使用されているプラセンタは胎盤から抽出された有効成分のことをプラセンタまたはプラセンタエキスという名称で呼んでいるのです。
プラセンタにはタンパク質や酵素・ビタミン・アミネラル・糖類・核酸・各種成長因子など数百種の成分が含まれています。
プラセンタの医療的な効果としてはハゲ、骨粗しょう症、動脈硬化や更年期障害などで認められ、医薬品としても活用されています。
プラセンタの美容効果としては美白作用、保湿作用、組織代謝の促進作用 (皮膚組織細胞の代謝を改善し、新陳代謝を促進する、結合組織の新生作用(コラーゲンの生成など、結合組織の新生作用を活発にする)、細胞の増殖再生作用 (直接栄養となるだけでなく、司令官の役割もして、細胞の増殖・再生を高める、血行促進作用(皮膚の血行を促し、栄養の補給や老廃物の排除を円滑にする)、活性酸素除去作用 (抗酸化作用)、抗炎症作用、抗アレルギー作用、免疫賦活作用 などがあげられます。
美しかったことで知られているクレオパトラも美貌をキープするためにプラセンタを活用していたといわれています。

効果抜群のプラセンタ注射

今話題のプラセンタは、手軽なサプリ、ドリンク等がありますが、一番即効性がありそうなのは注射だと思います。

私は今はもう注射していませんが、バリバリ仕事をしていた時は、一週間に1本ずつ注射をうっていました。

ネット等で調べると、プラセンタ注射を打ってくれる病院がすぐに見つかると思いますが、もちろん保険適用外のため、病院によって値段が異なります。
私の通っていたところは一本1000円位でした。

プラセンタを打つ前に、医師にプラセンタについて一通り説明され、同意書を書かされました。

肝心のプラセンタの効果はと言いますと、人によって様々で、

すごく効いた!!一週間後まで待ちきれないからまたすぐに打って欲しい!!

と思う人や、私のように、

なんとなく効果があるかも、、、

って感じで、一週間サボったりすると、効果を実感して
やっぱりプラセンタって凄かったんだ!!
って思ったりする人もいるようです。

女性だけじゃなくて、男性の肩こりにも効いたみたいですよ!!!

ただ、続けていて一つだけ困ったことが。。。
私は採血や注射の跡が残りやすい体質なのですが、プラセンタ注射の跡が内出血みたいになってしまうことです。
内出血が治るまで、特に夏は肩が出ない洋服を着ていました。

更年期障害や花粉症にまで効果があるプラセンタ。気になっている人は一度試してみてはいかがですか?